森と住まいをつなぐ 森林パートナーズ株式会社



事業について

森を育てる家づくり

豊かな森林に恵まれた我が国は、古来、森との共生の思想を底流として、日本独自の優れた木造の建築、住まいの文化を育み、継承してきました。しかしながら昨今、外国からの輸入木材が多く使われ、私達の身近にある森は充分活用されていません。森林は材木としての利用と育成を繰り返して持続的な森林の維持・再生が可能になります。

私たちはマーケットと森林を結び「森を育てる家づくり」を進める仕組みを提供します。

  1. 地域工務店の近隣の森からの適正価格による原木の調達を支援します
  2. 地域工務店と林業・木材加工業の連携によって合理的で透明なコストを実現します
  3. 生産者と加工過程が見える木材トレサビリティを構築します
  4. 都市部の建て主と山主とを共感でつなげる活動を行います

これらの目標に対し、私たちは新しい流通システム「森林再生プラットフォーム」を確立しました。

特長1

森林再生
プラットフォーム

私たちの株主は、森林の維持再生の理念を共有する地域工務店と、近隣の林業家、製材所、プレカット工場で構成されます。川下から川上までを結ぶ出口対応のプラットフォームを構築し、合理的な木材の調達、流通を支援します。

このプラットフォームはICT系システム(e-Forester)と人間系コーディネーションで構成され、工務店、プレカット工場、製材所、林業家に提供されます。

適切な森林計画に基づいて伐採された原木丸太を、「SPウッドの選別基準」に基づいて選別し、森林再生が可能な適正価格での山からの調達につなげます。

※e-Forester:私たちのQRコード付きのトレサビリティシステム

特長2

森林パートナーズ品質
(SPウッド)

SPウッドは理念と品質を基に、私たちが認証した材で、提携する地域工務店にとってもこだわりの材です。山から運び出される丸太一本一本にはQRコードが貼られ、山主、生育位置や、材木の強度や含水率など、生産者の顔と品質見える化が図られています。SPウッドは、下記のような理念と品質を有しています。

  1. 林業の経営が持続的に可能な適正価格で山から購入
  2. 合理的で透明な流通コスト
  3. 生産者の顔と過程が見えるトレサビリティの実現
  4. グレーディングによる一定以上の強度(JASでいうE70以上)と品質の確保
  5. 山からの運送距離の短縮による環境負荷の削減(ウッドマイルズ)
  6. 建て主と森林を育んだ地域との「つながり消費」の促進


会社概要

商号

森林パートナーズ株式会社

本店所在地

東京都目黒区東が丘2-13-25  
〒152-0021

設立年月日

2017年6月30日

資本金

2000万円

役員

  • 代表取締役会長  伊佐裕
    伊佐ホームズ(株)代表取締役
  • 取締役社長  辻哲
  • 取締役  大野年司
    大野建設(株)代表取締役
  • 取締役  迎川利夫
    相羽建設(株)常務取締役
  • 取締役  佐藤善秀
    NPO法人環境共棲住宅 地球の会 事務局長
  • 顧問  山中敬久
    秩父樹液生産協同組合代表理事
  • 顧問  金子真治
    金子製材(株)代表取締役
  • 顧問  島崎政敏
    島崎木材(株)代表取締役

株主構成

工務店、プレカット工場、製材所、山元の事業者

事業目的

  1. 国民的課題である森林の維持・再生と、地域材の活用促進のための事業を行う
  2. 地域工務店と林業・木材加工業の連携による6次産業化を実現するため、「森林再生プラットフォーム」を提供する新木材流通コーディネート事業を行う

私たちは定款に「森林の維持・再生」を謳い、株主も同じ理念を共有した工務店・プレカット工場・製材所・山元の事業者で構成される大変稀有な会社です。

私たちはマーケットと森林を結び「工務店が安心して注文でき、山が元気になる新たな国産材の流通」を創り、地域でのフォレスターの役割の一翼を担いたいと考え、まずは首都圏と秩父の森林を結ぶ事業からスタートしております。

取締役社長 辻 哲
※フォレスター:欧州の先進的な森づくりの成功例としてフォレスターの存在があり、フォレスターは森林の管理、施業だけでなくマーケットとのパイプを持ち、生産される材の情報提供や販売支援まで行い、材の等級区分にも関わっている。


お知らせ

伊佐ホームズ家づくり30年記念特別企画「倉本聰と語る『森と住まいと私』」を後援しました

森林パートナーズの流通システムから出荷される木材を使い、良質な住まいを提供する「伊佐ホームズ」が、講演会を開催しました。

日本の森を再生させようという動きに対して、都会に住む私たちは何ができるのでしょうか。北海道・富良野に住み、長年、森づくりにも取組んでいる倉本氏が、森への思いや真に豊かな「当たり前の暮らし」について語ったイベントは大盛況のうちに終了しました。

※詳しくは伊佐ホームズウェブサイトをご覧ください。

日時

2017年11月25日(土) 13時30分〜16時 12時開場

会場

iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ

第3回「未来につなぐカエデの森づくり」を後援しました

森林パートナーズに厳選した木材を提供している秩父樹液生産協同組合の山主さんたちが中心となって、カエデの植樹イベントを開催しました。

秩父樹液生産協同組合は、秩父地方に群生するカエデから国産のメープルシロップを採取しています。また、良質なスギやヒノキを伐採した後にカエデを植え、将来に向けて針葉樹と広葉樹が混交した豊かな森を育む活動を行っています。

カエデの樹液生産という「伐らない林業」と、成長して伐期を迎えた良質な木を建築用材として出荷する「伐る林業」。ふたつの持続可能な事業が補完し合い、新しい林業の形を目指す秩父樹液生産協同組合の活動に、森林パートナーズは賛同します。

持続可能な森の豊かさを実感していただくこのイベントに、都会で暮らす皆さまをお誘いします。お子様と一緒に、自然に親しんでいただける機会となるでしょう。

日時

2017年10月29日(日)

場所

秩父市大滝槌打地区



お問い合わせ

全ての項目にご入力ください 】

氏名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容